SakuraWi - BLog

みんなのウェディングの新米エンジニア。聴いたお話をまとめておく倉庫的な。スタックストックスタック!

'.DS_Store'など不要ファイルを一斉に'.gitignore'に記述する便利なgiboの使い方


.gitignoreへの記述を圧倒的に簡単にしてくれる"gibo"の導入方法と使い方についての記事です。

gibo導入

brewが入っている状態で、
brew install gibo
で入ります。

gibo使い方

giboは使っている言語、OSを記述するとそれに応じたコードを生成します。

注意点は、giboコマンドは基本的に標準出力されるだけです。

そのため、
gibo 使いたい言語 > .gitignore
が標準的な使い方になると思います。
これによって.gitignoreファイルに出力されます。

Rails かつ、macの場合はこんな感じです。
gibo MacOS rails > .gitignore

gibo MacOS >> .gitignoreとするとファイルに追記されます。

ちなみに
gibo OSXでは反応しませんでした、注意!

UNIXコマンド

>で書き換え

>>で追記

‘.DS_Store'とは

macOSで自動で生成されるなくても大丈夫なファイルのようです。
finderアプリで開いた時に作られるものです。

gitの管理やプロジェクトに関して不要なファイルのため、.gitignoreでcommitされないようにするのが一般的です。

windowsでも同様のファイルがあったり、形式が違うものが作られるみたいです。

参考記事

.gitignoreを自動で生成してくれるgibo - Qiita