SakuraWi - BLog

みんなのウェディングのエンジニア。聴いたお話をまとめておく倉庫的な。スタックストックスタック!

【Hackday2018】17卒同期エンジニアで開発だ!

ども!くふうカンパニーアドベントカレンダー、15日目も担当の@KotaSakurawiです。

12月15日はYahoo!さんが主催するHackday2018の開催日です!

実はHacyday2017も参加していまして、2年連続の参加になります! さらに!2年連続メンバーも同じ構成で参加しておりまして、2017年新卒入社の同期メンバーです。

ということで、非常に大きなハッカソンに同期5人で参加したぞというレポートを見ていただければなと思います。

Hackday2018の会場へ行く!

会場は、秋葉原にあるUDXという会場で行います! 4Fのフロアをほぼ貸し切って総80チーム近くのメンバーで「ものづくり」を行います。

秋葉原は東京駅からも近く、遠方の方も参加しやすいですし電気街のイメージもあってハックな雰囲気がでていますよね。

この辺は電子部品などもすぐに買いに行けますし、ハードウェアを作る時にも非常に便利な立地です。

何を作ろうかな!?

今回、何を作ろうかなと考えたときに去年のとるだけYoutuberのプロダクトのことを考慮しました。

というのも、トレンドにのったものを作りたいと思ったのです。

そこで、今回は今年はやったもの2つを踏まえたプロダクトにするアイデアを思いつきました。

その2つとは、

  • 決済アプリ(電子マネー)
  • PokemonGO

です。

決済アプリで言えば、PayPayのキャンペーンがかなりバズっており、12月15日現在も興奮冷めやらぬ熱量がありました。(キャンペーン自体は終了になりましたが)

そこで電子マネーという流行は踏まえたいと強く思っていました。

2つめのPokemonGOは以前から流行っており、ここ最近さらにユーザが増えているなという肌感がありつつ自分も再度ハマってきた体験が大きいです。

東京で街を歩けば、PokemonGOをプレイしている人と多くすれ違います。

再び起動して遊んでみると、やっぱり面白いんですよね。

レアなポケモンを入手したらうれしいですし、友達とのトレードも楽しいです。

そんな背景もあり、この2つの要素ははずせないと思いました。

実際に作ったプロダクトは、HackDay2018の発表をお待ちください(追記もする予定です)

開発的な話をしたい!作っていくぞ!

今回は普段から業務で書いているRailsを使って開発することにしました。

みんなスムーズに書くことができますからね。

普段の業務では使わないrails newコマンドなども久々に叩きました。笑

環境を整える

いつもruby 2.4.4使ってたので、最新の使うぞーということで、2.5.3をみんなでインストールしました。

地味にインストールに時間がかかりました。wi-fiが途中で途切れかけるなんてことも。

rails newするタイミングで2.4.4で作成されてしまっていたりして修正したりも新鮮でした。

今回はhackdayの運営がslackを用意されていたため、そこで会話したりファイルを投げたりもできるので非常に楽でした。

githubの通知も入れたりと普段に近い開発環境を作れました。

リポジトリをorganizationにすると便利!

リポジトリは最初は自分のアカウントの配下に作成したのですが、herokuの設定をするときなど、他のメンバーが行おうとするとgithubでの設定が必要になるケースがありました。

そこで、organizationに作って、全員招待してadminの設定を行うことでスムーズに開発を進めることができました!

個人的にはあまりorganizationを使うことがないので、よかったです。

organizationを作ったあとは、リポジトリをtransferすることで移すことが可能です。

settingの部分から行うことができますね。

フォームで、そのリポジトリ名と、organization名を入力すれば、transfer完了です。

接続チェックやフォーム入力を忘れずに!

ハッカソン中には、最後の発表の準備としてチーム名やプロダクト名を投稿する必要があるので、ココは忘れずに!

基本的に例年22時くらいまでには決めて投稿しましょう。

そして、大事なのが接続チェックですね。

実際に発表で使うPCで接続の確認をします。

音声やスライドの表示などしっかりとチェックしておきましょう!

音声などを出す場合は、システムの環境設定で接続時にサウンドの出力先を切り替えたりしなければいけません。

また、動画がスライドの中で流れるか、拡張子は問題ないか、音量の大きさもざっくりチェックしておけるとよいと思います。

ハッカソンは楽しい!

やっぱり2日間で作り上げるハッカソンは面白いですね。

メンバーが徐々に集まってくる感じや、お昼ご飯をサッと食べに行ったり、実装のアイデアなど「こうしたらおもしそうじゃない?!」などなど。

どんどん機能が完成してすぐに触っていく感じも面白い!と感じるポイントですね。

また、自分んスキルも生かしてココならこうやったら面白くできそう!と思うものをドンドン追加もしていけるのもいいですね。

個人的には同期と毎年出場するイベントにしていきたい、なんて考えています。

社会人にとっては普段の土日まるまる使うのは少ししんどいですが、それ以上に「面白い」と思える要素がたくさんつまっています。

皆さんも是非、来年のhackdayに参加してみてはいかがでしょうか!?

Rails2年目のさく氏による, stimulus試した実践ガイド

どうも! くふうカンパニーアドベントカレンダー、7日目担当の@KotaSakurawiです。

くふうのアドカレはこちらから▶︎くふうカンパニー Advent Calendar 2018 - Qiita

今日の記事は! フロント寄りの内容になります。Stimulusについて触る機会がありましたので、こんな感じに書いていくよ、という説明をします!

続きを読む

知名度ゼロでも「この会社で働きたい」と思われる社長の採用ルール48 を読んだ感想

知名度ゼロでも「この会社で働きたい」と思われる社長の採用ルール48を読みまして、その感想などをまとめておきます。

知名度ゼロでも「この会社で働きたい」と思われる社長の採用ルール48

  • 感想
  • 大事なところ、面白いと思ったところ
  • まとめ
続きを読む

めぞん一刻を読んだ

友人が読んでてちょいちょいツイートしているのをみかけて、 そういえばこれ名作として名前結構聞くよなーと思って読み始めたらハマってしまって、 マンガワンで一気読みしてしまった。

10/10くらいから読み出して、10日間くらいかー。 15巻分を一気に。

沖縄旅行中も5時まで読んだりしてしまったw

古き良き作品ってのはいつよんでも面白いんだなぁ。 なんか、いいなと思ったのが伏線と、細かい表情とか線と、表現の奥深さ。

天気とか人の感情とかがすごく細かく表現されている。すごい。 漫画アプリでコメントを読みながら読み進めるのがおすすめ

読んだことない人はぜひ。 マンガワンだと1巻は無料で読めます。 https://amzn.to/2NOWYLP

マイル旅

家族旅行のために、急遽4日間ほどおやすみをもらって沖縄にきています。

しばらく沖縄の宮古島ライフがあるんですが、色々と書きたい、と思い書くことに。

家族

やっぱり家族っていいもんです。 とくに、親には感謝してもしきれないなーと思っていて、できるだけ親孝行したいんです。

だから、旅行にはきっと一緒に行ったほうがいいし、一緒に旅行できる時間もどれくらいあるのかわからない。 普段東京にいて会わないし、帰省だとふらっと大学時代の友人に会いに行ったりしてなかなか一緒に食事したいしないんですね。

旅行だと寝るのも食事も一緒なんで、なんだかんだ一緒にいる時間増やせていいなーと

頑張っていく

おやすみって思い切らないと結構取れなくって(自分は) こういうフットワークは軽くしておきたい。

本当に自分がこれだというものが目のまえにきたときに「はい!」って取れないとだめだよな、と。 そのための心準備というか、普段から意識しておく的なことはやっぱ必要だーー。

特に優柔不断気味だとなおさら。

手荷物

手荷物検査で重さに初めて引っかかりましてw 7kgでバックパックだときついよなーと。 かばんパンパン手荷物goがバックパッカーなので、これ封じられるとつらい。 せめて10kg以内じゃないと結構つむ。

減らそうにも減らせないのはどうしようもない。手荷物全部含めてだからなー。 これ急いでる時になったら死んじゃう。

いい時を逃すな

これは自分だけかもしれないんですが、若い時にいくほうがいいなって笑

いろんなものが経験につまれていくとどんどん新しいものを求めてしまう。 自分の中が空っぽの方が、全部染みるので全部最高。 変に大人になったりする前に綺麗なものをみるべし。

そして、いつまでもあるわけじゃないぞ、素晴らしい景色たちは。 ちょっと景観が変わってしまったなーと思う部分もあり。

最後に

旅行好きにはマイル、最強だ。。。 LINE payのポイントでどこでもいけるぞ。。。

LCCのおかげでほんと東南アジアまでなら無双だ。

飲みの場

どーもなんだか2周年らしいです、このブログ


今日はお世話になっている人とお酒をのんでたので、記憶に残ったことを書きます。


会社という組織には独立したい人がいるべき。そしてやめる!やめないで!のせめぎ合い。
会社はいる意味があるべき。
でも早めに失敗はするべき。

人としてどうふるまうか?利害関係なしに。たまたま会ったその人と、人としてどう向き合うな?

会社は鏡であるべき
まっすぐに自分がうつっているべき

その都度その都度の記録

死ぬまでにやりたいことってなんだろうなーと思って、昔書いたメモを読んでいたら結構いろいろ出てきておもしろくって、 じゃあその面白いなって思ったことを残そうと思って記事を書き始めてみた。

最近もういろんなリミットのようなものを感じる。 社会人になってから、お金でとれる選択肢は増えたと思うけど(学生に比べれば、くらいの)「まぁいいや」ということも増えたなぁと思う。 それってもったいないよなーと

なんでもやってみたらいいのに、「えー経験から言うとそれ微妙だよ?」みたいなのも多くなるし、自分自身にかかってくる責任とかいろんな背負うものが増えていって、結果動けません、なんてことがたくさんあってしまうのでは。

最近自分のまわりの40代の人もうーむ、といっている人いるし。

...

気づいたけど社会人になって、人生のスピードがめっちゃくちゃ加速してる感覚。 次気がついたら30歳だろうし、その次は40歳だろう。

今、あ、これやってみてえなって思った感覚とかは、ちょー大事にしないと、やらないままになることだらけになるとおもう。 自分、昔からこれやりたかったなーとか、これ夢っぽくね?ってことは、今すぐに向かわないともう人生のなかで間に合わなくなるんじゃないかって