SakuraWi - BLog

WEBエンジニア。聴いたお話をまとめておく倉庫的な。スタックストックスタック!

herokuのclearDBが容量限界そうなのでMySQL5.7を8にあげてみる

経緯

herokuのエラーで何度か storage errorが出ていた。

接続すると、エラー画面になっていて、操作が効かない感じ。

エラーの内容から、おそらく、DBの容量の問題と思う。

けど、中身をcsvでダンプすると100MBほどしかないのだが...

とりあえず、herokuのプラン更新をしようにも、5.7はもうサポートされていないようなので、今のうちにやっておくことにした。punchプランのClearDBでした。

経験値にもなるだろうし、いずれ容量増えたら必要なことなので、やることにした。

まず手元から

qiita.com

brew update

brew install mysql

をする。

==> Summary
🍺  /opt/homebrew/Cellar/mysql/8.3.0: 323 files, 312.5MB

とのこと。入ってそう。

ということで、手元で8が起動するか試していく。

$ ps ax | grep mysql
 5157 s001  S+     0:00.00 grep mysql
sakurawi@Wi-MacBook-Air: ~/workspace/XXX_APP (master *=)
$ mysql --version
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.7.44, for osx10.18 (x86_64) using  EditLine wrapper
sakurawi@Wi-MacBook-Air: ~/workspace/XXX_APP (master *=)
$ mysql --version
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.7.44, for osx10.18 (x86_64) using  EditLine wrapper
sakurawi@Wi-MacBook-Air: ~/workspace/XXX_APP (master *=)
$ brew uninstall mysql@5.7
Uninstalling /opt/homebrew/Cellar/mysql@5.7/5.7.44_1... (321 files, 233.9MB)
sakurawi@Wi-MacBook-Air: ~/workspace/XXX_APP (master *=)

消えないので、アンインストールした

$ mysql --version
mysql  Ver 8.3.0 for macos13.6 on arm64 (Homebrew)

お、よさそう。

$ mysql.server start
Starting MySQL
 SUCCESS!

スタートもできるぽい。

railsを動かしていく

rails serverすると当然動かない。

bundle updateしてみる

rails server する。 お、起動するぞ。

え、ぜんぜんうごくやん。

mysql> select version();
+-----------+
| version() |
+-----------+
| 5.7.44    |
+-----------+
1 row in set (0.00 sec)

いや変わってなさそう。

$ mysql.server restart
Shutting down MySQL
.... SUCCESS!
Starting MySQL
.... SUCCESS!

リスタートさせてみる

mysql> select version();
+-----------+
| version() |
+-----------+
| 8.3.0     |
+-----------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql>

お、切り替わった。

rails consoleからもみてみる

[1] pry(main)> ActiveRecord::Base.connection.execute('SELECT version()').to_a
   (0.1ms)  SELECT version()
=> [["8.3.0"]]

いいやん。

sequel Proが見れなくなる。 ググる。

MySQL8.0.x に Sequel Pro で接続する #MySQL - Qiita

なんと、夜版じゃないと8.0がみれないとのこと。 なんじゃそら。

ローカルは秒で動くようになったので、 じゃ、pushしてみる。

herokuのプランを変える

というか、mysql 8に対応したアドオンを付け直す。

新しくインスタンスを置くイメージかな。

新しい方のDBのデータみたい。

が、heroku configを叩いても、繋いでいる方がでる。 まあ当然すな。

あ、

$ heroku addons


Add-on                              Plan    Price         Max Price    State
──────────────────────────────────  ──────  ────────────  ───────────  ───────
cleardb (cleardb-horizontal-00000)  punch   ~$0.014/hour  $9.99/month  created
 └─ as CLEARDB_DATABASE

cleardb (cleardb-fitted-999999)      punch8  ~$0.014/hour  $9.99/month  created
 └─ as CLEARDB_ONYX

でてましたわ。

情報を

heroku config:set DATABASE_URL='mysql2://username:password@hostname/database_name?reconnect=true'

でupdateする

他のdbの環境変数も、向くように変更。

herokuで rails db:createする

D, [2024-02-22T05:06:39.800007 #2] DEBUG -- :    (18.1ms)  CREATE DATABASE `heroku_bdd258af7170eb8` DEFAULT CHARACTER SET `utf8mb4`
Database 'heroku_bdd258af7170eb8' already exists
ActiveRecord::StatementInvalid (Mysql2::Error: Table 'heroku_bdd258af7170eb8.users' doesn't exist):

となるので、migrateする。

無事走る。

動いた!

データをインポートする

ローカルにダンプしておいてものをエクスポート、

すぐに本番DBにインポートする

だいじょうぶそう

個人アプリなので、以上でよさそう。

ただ、デフォルトの文字コードなどの問題はありそうなので、その辺もチェックをしておく。

その後

異常がなければ、add-onは消してしまってよさそう。

自動採番

なぜか、 3になっている。

mysql> SHOW VARIABLES LIKE 'auto_increment_increment';
+--------------------------+-------+
| Variable_name            | Value |
+--------------------------+-------+
| auto_increment_increment | 3     |
+--------------------------+-------+
1 row in set (0.19 sec)

なおす。

前に10になっていたのは、直接イジってつじつまを勝手にあわせてくれた説。

今回、3じゃないと最後のものと称号したときにおかしいからか。

いや、と思ったけど、デフォっぽいので、放置することにする。

参考URL

https://zenn.dev/hiro1111/articles/bf0111ed763485

ActionView::Template::Error (undefined method `total_pages' for #<User::ActiveRecord_Relationのエラー対処方法

初歩的なkaminariのエラーですが。

ActionView::Template::Error (undefined methodtotal_pages' for #<User::ActiveRecord_Relation`

でのエラーが indexのメソッドで出ちゃうな、という時。

    if params[:user_id]
      @users = User.where(xxx_user_id: params[:user_id]).page(params[:page])
    else
      @users = User.all.order(id: :desc).page(params[:page]).per(50)
    end

こういうケースの場合です。

indexで検索すな、ということはあるかもしれませんが、 簡易実装の時はやりたい時が多いはず。

ともあれ、 .per()を忘れると、 total_pagesが呼ばれなくなってしまうので、そこです。

複数件返る想定で考えたら、当たり前でした。

風邪引いた時の対処方法

なんじゃこれという記事だけど、残しておいてみる。

食べる・飲むもの

  • ポカリ
  • ウィダー
  • 水(大量に)
  • ファイブミニ
  • ポテトサラダ
  • パスタ
  • ひじきキャベツサラダ
  • 唐揚げ

行動面

  • とにかく寝る
  • お風呂にしっかりとつかる
  • 軽く掃除をする

数年前にも書いていた

sakurawi.hateblo.jp

ちょっと笑ってしまった。

【AnyPass】楽天モバイルでSMS認証・電話認証できない時の対処方法

経緯: エドシーラン見にいくためのAnyPassで認証がなかなか突破できず。あせった〜

認証突破方法

  • 楽天モバイルアプリ -> 「契約プラン」タブ

  • 楽天Linkログアウト->アンインストール

  • Anypassアンインストール

  • スマホ再起動

  • wi-fi OFF

調べたこと

SMSについて

どうも、楽天モバイルは国際SMSなどは飛ばない?模様。

飛ぶ国と飛ばない国があるのかも、AnyPassはイギリスナンバーっぽくてなぜか飛ばない

発信者番号非通知

これはOFFにしてても楽天Linkをインストールしていると、ラップされて非通知になる気がする。

国際電話だとなおさら?

Twitter情報

ついったーからいろんな情報を集めてみて試したら突破できました。

みなさま、感謝

Anypassの挙動

認証後の挙動は結構あやしかった...

tailwind.config.jsのpurge: とcontentの変更について

webpack-dev-serverを起動中のwarningに、contentについて記載があった。

purgeがcontentに変更されている模様

どうやら、含めたいものを書く形式になったよう。

これまでは、パージ(除外したいもの)だった。

tailswindが新しいverになっているとチェック推奨。

Upgrade Guide - Tailwind CSS

module.exports = {
  content: [
    './app/**/*.html.erb',    // Railsのビューファイル
    './app/**/*.html.haml',
    './app/helpers/**/*.rb',   // Railsのヘルパーファイル
    './app/javascript/**/*.js', // JavaScriptファイル
    './app/javascript/**/*.jsx', // JSXファイル
    './app/javascript/**/*.ts', // TypeScriptファイル
    './app/javascript/**/*.tsx', // TypeScriptのReactコンポーネント
    './app/javascript/**/*.vue', // Vueコンポーネント
    './app/**/*.rb',   
  ],
  theme: {
    extend: {},
  },
  variants: {
    extend: {},
  },
  plugins: [],
}

以下のエラーが出て直らないERROR! The server quit without updating PID file

mysql.server start を叩いたら、一生以下のエラーがでていた。

ERROR! The server quit without updating PID file

数時間格闘して、以下のコマンド通りにしたらなぜか治った。

history
  931  mysql.server start
  932  source ~/.zshrc
  933  mysql.server start
  934  brew uninstall mysql
  935  which mysql
  936  brew uninstall mysql@5.7\n
  937  rm -rf /opt/homebrew/opt/mysql@5.7\nrm -rf /opt/homebrew/var/mysql\n
  938  sudo rm -rf /opt/homebrew/opt/mysql@5.7\nrm -rf /opt/homebrew/var/mysql\n
  939  \nsakurawi@Wi-MacBook-Air lenormand_result %
  940  rm -rf /opt/homebrew/opt/mysql@5.7\n
  941  rm -rf /opt/homebrew/var/mysql\n
  942  sudo rm -rf /opt/homebrew/var/mysql\n
  943  rm -rf ~/.my.cnf\n
  944  brew cleanup\n
  945  brew install mysql@5.7\n
  946  mysql.server start\n

terminal

itermなど、全部閉じるべきだったかも。

全て閉じ直してからの再起動で治った。

brew doctor

の不要なディレクトリも消した。

とにかくまっさらに

余計なものを消す、入れ直す。

起動しているものも、再度いれなおす。

Webpack のbuild問題

エラー

% bin/webpack

[webpack-cli] Invalid configuration object. Webpack has been initialized using a configuration object that does not match the API schema.
 - configuration.node should be one of these:
   false | object { __dirname?, __filename?, global? }
   -> Include polyfills or mocks for various node stuff.
   Details:
    * configuration.node has an unknown property 'dgram'. These properties are valid:
      object { __dirname?, __filename?, global? }
      -> Options object for node compatibility features.
    * configuration.node has an unknown property 'fs'. These properties are valid:
      object { __dirname?, __filename?, global? }
      -> Options object for node compatibility features.
    * configuration.node has an unknown property 'net'. These properties are valid:
      object { __dirname?, __filename?, global? }
      -> Options object for node compatibility features.
    * configuration.node has an unknown property 'tls'. These properties are valid:
      object { __dirname?, __filename?, global? }
      -> Options object for node compatibility features.
    * configuration.node has an unknown property 'child_process'. These properties are valid:
      object { __dirname?, __filename?, global? }
      -> Options object for node compatibility features.

解決

/config/webpack/environment.js

に以下を追加

const { environment } = require('@rails/webpacker')

const customConfig = {
    resolve: {
      fallback: {
        dgram: false,
        fs: false,
        net: false,
        tls: false,
        child_process: false
      }
    }
  };
  
  environment.config.delete('node.dgram')
  environment.config.delete('node.fs')
  environment.config.delete('node.net')
  environment.config.delete('node.tls')
  environment.config.delete('node.child_process')
  
  environment.config.merge(customConfig);


module.exports = environment

参考URL

【Ruby on Rails】rails6とwebpack5で発生したエラーを解決するまでの長い道のり - TKGBlog

【解決】Your Yarn packages are out of date! Please run `yarn install` to update. #Rails - Qiita